債権回収代行サービス@東京 │ 最短即日相談可、弁護士が直接対応

東京都港区の弁護士による債権回収代行サービス

【対応地域】 東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県

03-5410-1597

電話受付時間 : 平日9:30~17:30 休業日:土日祝

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

最終手段? 裁判で債権を回収することのメリットとデメリット

最終手段? 裁判で債権を回収することのメリットとデメリット

最終手段? 裁判で債権を回収することのメリットとデメリット

「債権がなかなか回収できない」という悩みを抱える会社もあるでしょう。
自分たちで債権が回収できないとなると、弁護士や裁判官に依頼することになります。
ここでは、裁判によって債権を回収することのメリット・デメリットをご紹介します。

裁判で債権回収をするメリット

・相手に裁判に応じることを強制できる
裁判は、トラブルの解決方法として最も強力で効果的な手段です。
また相手に対応を強制する力があるため、最終的な手段として用いられることが多く、速やかに解決へ向かいます。

債権が回収できない例として、連絡が付かないことが挙げられますが、裁判所からの呼び出し状はかなりのインパクトを与えることができますし、無視を続ければ敗訴してしまうため、現状を打開することができます。
また、事実上倒産状態であったとしても、強制執行をした時点で損金として処理し、区切りをつけることができます。

・裁判所が支払いを命じること回収できる可能性が上がる
債権回収によるトラブルの中には、相手が理由を付けて支払いを拒否することもあり、相手を説得して債権を回収しようとすることが難しくなる場合も珍しくありません。
このときに訴訟を起こし、公正な判断をしてもらうことで債権を回収できる可能性が高まります。

・判決が得られれば相手の財産を差し押さえられる
相手の企業や個人から、債権が支払われなかったとしても相手の財産を勝手に奪うことはできません。
裁判所の協力を得て、裁判所に財産を差し押さえてもらうという流れになります。
強制執行を行うためには裁判所の判決書が必要です。

裁判で債権回収するデメリット

裁判で債権回収するデメリット

・費用がかかる
裁判には費用がかかることがあります。
このため、もし相手企業の倒産などで回収が出来なかった場合は、裁判の費用が無駄になってしまう恐れがあります。
しかし、裁判を起こすと大きな費用がかかるというのは誤解です。

裁判を起こす際、収入印紙を手数料として納めることになります。
その際の金額は請求金額に相当しています。
100万円を請求する裁判では1万円、500万円では3万円、1000万円では5万円の手数料がかかります。

その他、切手代も必要になりますが問題視される額ではありません。
「裁判は費用が掛かる」のは弁護士に依頼するためですが、顧問弁護士を契約している企業であれば、この裁判をするうえで必要になる弁護士費用も抑えられることがあります。

・時間がかかる
裁判はどうしても時間がかかります。裁判が決定してから裁判が実際に行われる日まで約1ヵ月かかり、さらにその後も1ヵ月に1回のペースで行われるため、半年かかる場合も考えられます。
しかし、これは相手に払う意志が全くなかったり、責任を認めていない場合です。
責任を認めている場合は1~2回の裁判で解決することもあります。

債権回収によるトラブルの解決方法には、さまざまな手段があります。
その中で最も効果的で有力な方法が今回ご紹介した裁判です。
しかし裁判には、時間や費用がかかるといったデメリットもあるため、裁判の持つ性質と今おかれている状況を十分に考慮して、解決方法を選ばなければいけません。

債権回収でトラブルがあった際は、専門家に相談して、アドバイスをもらうことが最も適切な初手だと言えるでしょう。

無料相談受付中!
03-5410-1597
今すぐ、お気軽にお電話ください。
【対応時間:9:30~17:30(月~金)】【休日:土日祝日】
※メールでのお問い合わせは24時間!365日年中無休対応!
新麻布法律事務所(担当 原)
メールでのお問い合わせはこちらをクリック
 
Return Top