債権回収代行サービス@東京 │ 最短即日相談可、弁護士が直接対応

東京都港区の弁護士による債権回収代行サービス

【対応地域】 東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県

03-5410-1597

電話受付時間 : 平日9:30~17:30 休業日:土日祝

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

債権回収を外部委託することのメリットとしたほうがいいケース

債権回収を外部委託することのメリットとしたほうがいいケース

債権回収を外部委託することのメリットとしたほうがいいケース

債権回収は個人でも行うことができますが、督促を送ったり債務者との交渉など多くの手続きと段階を踏むだけでなく、知っておかなければならない知識も多いため簡単ではありません。
ここでは、債権回収を外部に委託することのメリットと委託したほうがよいケースをご紹介します。

債権回収を外部委託するメリット

多くの企業の中には、債権に係る取引を担当する営業マンや経理担当者が債権回収処理を行うこともあります。
しかし、債権の担当者とはいうものの企業内の社員であり、専門家ではありません。
このため回収が遅れたり、不渡りや倒産などで回収出来なかったりする場合もあります。
このようなことを防ぐためにも、外部委託するのがおすすめです。外部委託することでさまざまなメリットを得ることができます。

・回収の手間を省ける
当たり前のようなことですが、債権回収会社に回収処理を委託することで、会社の職員が債権回収業務を行う手間が省けます。
また、難しい知識を得る必要もありません。
手続きや法令の知識の習得をする必要がなくなるため、その分本業に専念することができますし、債権の回収も専門家が効率的かつ速やかに進めてくれます。

・安心して任せられる
債権回収は、さまざまな規定がありそれに沿った作業が必要です。
債権回収会社は、法務省の認可が得られなければ営業することはできません。
このため「法律に則って回収業務をしてくれる」という安心感があります。
債権回収会社に委託をすると、委託を受けた会社は債務者に受託通知を送ります。
それ以降は債務者への督促や債務者との話し合いを行い、回収業務を代行してくれます。

・債権回収を譲渡することもできる
債権回収は委託する他にも「譲渡する」という選択肢があります。
状況に応じて自由にどちらかを選ぶことが可能です。

<債権譲渡とは?>
債権譲渡とは、債権の内容を変えずに「債権者」が債権回収会社へと移すことを言います。
債権譲渡後は、債務者は新しい債権者に返済していく流れです。

例えば、A社が取引先のB社から債権を回収したいが、Bには弁済できるだけの資金がないため、取引先B社が持つ債権をA社に移転させます。
これが債権の譲渡です。

債権回収を債権回収会社に委託したほうがよいケース

債権回収を債権回収会社に委託したほうがよいケース

・債権回収の知識がない
債権回収を行う際に、債権回収に関する知識が無ければ回収業務は進みません。
また、債権回収に関する知識を得る、実際に回収するといった作業は非常に時間がかかります。

・債権回収の見込みが立たない
自社で電話や請求書の送付など、任意交渉をしたが、債権回収のための法的な手続きを試みたものの、債務者に支払う様子がない場合は委託したほうがよいでしょう。

・特定金銭債権を回収したい
特定金銭債権とは、金銭の給付を目的とする債権であっても当事者間で目的物が特定されている場合の債権のことです。
債権者が目的物を金銭と限らずに、ある市場で価値のある物を指定して売買することができます。
特定金銭債権の種類は、サービサー法によって定められており、それ以外のものを債権として扱った場合は法律違反になります。

債権回収にはさまざまな手続きや方法があり、これを個人や自社内で行おうとすると、大変な手間と時間がかかることが予想されます。
債権回収でトラブルや、未回収が起きた場合は、まず専門家に相談してみましょう。

無料相談受付中!
03-5410-1597
今すぐ、お気軽にお電話ください。
【対応時間:9:30~17:30(月~金)】【休日:土日祝日】
※メールでのお問い合わせは24時間!365日年中無休対応!
新麻布法律事務所(担当 原)
メールでのお問い合わせはこちらをクリック
 
Return Top