債権回収代行サービス@東京 │ 最短即日相談可、弁護士が直接対応

東京都港区の弁護士による債権回収代行サービス

【対応地域】 東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県

03-5410-1597

電話受付時間 : 平日9:30~17:30 休業日:土日祝

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

掛取引で飛び交う「売掛金」「買掛金」、どう違う?

掛取引で飛び交う「売掛金」「買掛金」、どう違う?

企業間で商品やサービスの売買取引を行う際、その場で直ぐに支払いをせずに“掛取引”を行います。
掛取引では頻繁に「売掛金」「買掛金」という2つの言葉が飛び交うでしょう。
ここでは、「売掛金」と「買掛金」についてご紹介します。

掛取引(かけとりひき)とは

「売掛金」「買掛金」という言葉を知るには、まず掛取引について、知らなくてはいけません。
企業やお店同士の取引では、支払いに現金が使われることはあまりありません。
企業間では何度も取引が行われるため、その都度現金で対応すると事務的な負担となります。

また、取引する金額も高額になることもあり、現金での取引は現実的ではないでしょう。
その場合に行われるのが「掛取引」です。
代金の支払・回収を商品の販売・購入時や販売時ではなく、一定期間経ってから行うことになります。

売掛金と買掛金の違い

売掛金と買掛金の違い

売掛金とは?

商品販売時に代金を受け取らず掛取引を行った場合、一定期間経ってから後で受け取る権利(債権)のことを売掛金といいます。
債権とは、代金を返済してもらう権利のことを言います。

買掛金とは?

商品購入時に代金を支払わずに後で支払うという掛取引を行った場合、一定期間たってから支払う義務(債務)を買掛金と言います。
債務とは、代金を支払う義務のことを言います。

簿記の仕訳する場合

実際に、それぞれの見方で紹介します。

例えば、A社B社で掛取引を行ったとします。
A社からB社が5万円の商品を購入した場合、仕訳は次のようになります。

<A社の仕分け>

「借方」=売掛金 5万円 「貸方」=売上5万円
売掛金は、5万円あとから支払われる債権のこと。
このため資産と勘定されます。

<B社の仕分け>

「借方」=仕入れ 5万円 「貸方」=買掛金5万円
買掛金は、代金を支払う債務のこと。このため負債に該当します。

売掛金の時効

取引を数多くしていれば、なかなか売掛金が消滅しない(代金が支払われない)場合もあるでしょう。
その際は注意が必要です。
売掛金には時効が存在します。
取引の内容によって時効になる期間が違うので把握しておきましょう。

<時効が3年の売掛金>

・システム制作料金やWEBサイト作成料金
・建築工事の工事請負代金
・病院の診療代や薬剤費
など

<時効が2年の売掛金>

・卸売り、小売などの商品代金
・理髪店やクリーニングの代金
・学習塾や習い事の代金
・弁護士、公証人の債権
など

<時効が1年の売掛金>

・飲食店の飲食代金
・ホテルや旅館の宿泊料
・運送業者の運送代金など

以上に紹介したのは、一部の例です。
そして、商法と民法では商行為に関する債権の期間で違いがあるため、簡単に判断できるものではありません。
予定どおりに回収されない売掛金がある場合は弁護士や専門家に相談することが大切です。

会社を経営したり、簿記関係で仕事をする場合は、売掛金と買掛金の違いを理解し、それぞれの特性について覚えておきましょう。
掛取引は仕事の効率などを考慮して行うものですが、当然その会社に信用がなければ取引することはできません。

しっかり決められた時期に支払うことができるか、自社だけでなく取引相手の経営状態も確認しておくことが大切です。

無料相談受付中!
03-5410-1597
今すぐ、お気軽にお電話ください。
【対応時間:9:30~17:30(月~金)】【休日:土日祝日】
※メールでのお問い合わせは24時間!365日年中無休対応!
新麻布法律事務所(担当 原)
メールでのお問い合わせはこちらをクリック
 
Return Top